書籍TOP
工事担任者試験
その他資格・検定
通信・ネットワーク
コンピュータ
ビジネス
その他

≪バックナンバー購入≫
テレコミュニケーション
コールセンタージャパン

データダウンロード
正誤表一覧


支払方法・送料
問い合わせ先
特商法による表示
買物カゴを見る






  グラフ型データベース入門
Neo4jを使う
 

グラフDB解説の決定版!


長瀬嘉秀 監修
Neo4jユーザーグループ 著
B5変型版 304ページ
定価:3,000円+税
ISBN:978-4-86594-015-2
2016年2月上旬刊行
GoogleやFacebookなど先端のITサービスでも使われているグラフ型データベースについて、現在米国で脚光を浴びている新解析の手法「Neo4j」を中心に、国内のNeo4j公認ユーザーグループが丁寧に解説しました。
購入する


space.gif
■サンプルプログラムのダウンロードはこちらから


■[本書の主な内容]
第1章 グラフ型データベースとは
1-1 グラフ型データベースとは
1-2 RDBとNoSQL
1-3 グラフDBが有効なケース
第2章 グラフ型データベースの考え方とグラフ理論
2-1 グラフ理論の構成要素
2-2 身近なグラフの例
第3章 グラフ型データベース「Neo4j」
3-1 Neo4jの概要
3-2 Neo4jの特性
3-3 Neo4jに関する情報の探し方
第4章 Neo4jの環境構築と操作
4-1 Neo4jのサービス利用方法
4-2 Neo4j環境構築(Windows 8.1編)
4-3 Neo4j環境構築(GrapheneDB編)
4-4 ウェブインターフェースを用いたNeo4jの操作
第5章 クエリでアクセスしてみよう
5-1 サイファークエリとは
5-2 ノードとリレーションシップの登録
5-3 ノードとリレーションシップの属性
5-4 パターンマッチ
5-5 サイファーの構成要素について
第6章 アプリケーションからのNeo4jデータの操作
6-1 REST APIと組み込みAPI
6-2 アプリケーション開発
6-3 ウェブアプリケーション開発
第7章 Neo4jの運用
7-1 データのインポート
7-2 アプリケーション構成
7-3 バックアップとリストア
7-4 セキュリティ
7-5 Neo4jシェル
第8章 データモデリング
8-1 モデルとは何か?
8-2 データモデリングの手順
8-3 データモデルの価値と維持管理