書籍TOP
工事担任者試験
その他資格・検定
通信・ネットワーク
コンピュータ
ビジネス
その他

≪バックナンバー購入≫
テレコミュニケーション
コンピューターテレフォニー

データダウンロード
正誤表一覧


支払方法・送料
問い合わせ先
特商法による表示
買物カゴを見る






  IoTネットワーク LPWAの基礎
−SIGFOX、LoRa、NB-IoT−
 

IoTシステム構築に欠かせないLPWAの技術をやさしく解説
鄭 立 著
B5変形判 224ページ
定価:2,400円+税
ISBN:978-4-86594-098-5
2017年6月上旬刊行
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代の到来を背景に、低価格で低消費電力、かつ長距離通信が可能なネットワークLPWA(Low Power Wide Area:省電力型広域無線網)が非常に注目されています。
本書では、LPWAの主要技術であるSIGFOX、LoRaWANおよびLTE Cat M1/NB-IoTについて筆者が独自に調査し、その概要と基礎をわかりやすく解説しました。
【読者特典:本書電子版の無料ダウンロード付き】
購入する


■「まえがき」より
最近、LPWA技術の市場動向に関連する記事が多く見られるようになり、関心がかなり高まってきているようですが、LPWAの技術解説はあまりないのが現状です。新技術を導入するにあたっては、技術の中身を把握することがどうしても必要になると思います。
本書は、LPWA 技術の解説書です。LPWA 技術に興味がある方が、本書の内容をご覧になり、少しでも参考にしていただけましたら幸いです。

■本書の主な内容
第1章 IoT向け通信のLPWA
1.1 LPWAとは
1.2 低消費電力長距離無線技術
1.2.1 低消費電力無線通信技術
1.2.2 長距離無線通信技術
1.2.3 無線通信距離の見積もり
1.3 LPWAのアプリケーション
第2章 SIGFOX
2.1 SIGFOXとは
2.2 SIGFOXシステム
2.3 SIGFOX無線技術の概要
2.3.1 物理層
2.3.2 データリンク層
2.3.3 ネットワーク
2.4 SIGFOXデバイス
2.4.1 SIGFOXチップ
2.4.2 SIGFOXモジュール
2.4.3 SIGFOXデバイス
2.5 SIGFOX通信の利用方法
2.5.1 ATコマンド
2.5.2 SIGFOX通信を始めよう
2.5.3 デバイスを管理する
第3章 LoRaWAN
3.1 LoRaWANとは
3.2 LoRaWANシステム
3.3 LoRa変調
3.3.1 拡散変調と誤り訂正
3.3.2 LoRa変調
3.3.3 LoRa変調の実現
3.4 LoRaWAN規格の概要
3.4.1 アーキテクチャ
3.4.2 物理層
3.4.3 データリンク層
3.4.4 ネットワーク
3.5 LoRaWANの開発
3.5.1 LoRaチップ
3.5.2 LoRaWANモジュール
3.5.3 通信インフラ機器
第4章 LTE Cat M1/NB-IoT
4.1 Cat M1/NB-IoTの概要
4.1.1 Cat M1/NB-IoTとは
4.1.2 IoT向け携帯電話データ通信
4.1.3 IoT向けLTE技術の開発
4.2 LTEシステムの構成
4.3 OFDM拡散変調技術
4.3.1 1次変調
4.3.2 OFDMスペクトラム拡散変調
4.3.3 LTEのOFDMA変調技術
4.3.4 LTEのSC-FDMA技術
4.3.5 変調符号化スキーマ
4.4 規格の概要
4.4.1 アーキテクチャ
4.4.2 電波特性
4.4.3 周波数帯域
4.4.4 OFDMフレーム
4.4.5 リソース割り当て
4.4.6 物理チャネル
4.4.7 通信手順
4.4.8 消費電力
4.5 Cat M1/NB-IoTの開発
第5章 まとめ