書籍TOP
工事担任者試験
その他資格・検定
通信・ネットワーク
コンピュータ
ビジネス
その他

≪バックナンバー購入≫
テレコミュニケーション
コールセンタージャパン

データダウンロード
正誤表一覧


支払方法・送料
問い合わせ先
特商法による表示
買物カゴを見る






  ブロックチェーン 仕組みと理論
増補改訂版
 

ブロックチェーンを巡る
社会と技術の激動にキャッチアップ!
赤羽喜治・愛敬真生 編著
B5変型判 392ページ
定価:3,200円+税
ISBN:978-4-86594-163-0
2019年8月上旬刊行
仮想通貨の相場が下落し、人々の過度な期待が幻滅に転じても、それを支える技術には希望が満ちている。この本はそうした技術が描き出す未来を、豊富な実例と詳しい図表とで丁寧に紹介している。ブロックチェーンの可能性に賭けてみようと思う人は是非、この本が描く未来の姿をしっかりと見届けてほしい。 <京都大学 公共政策大学院教授・岩下直行>
大好評を博した旧版の刊行から3年、ブロックチェーンを巡る社会と技術の激動に、全面改訂と大幅な増補でキャッチアップします。
購入する


本書は主にITエンジニアを対象とし、3部構成になっています。
・基礎編(1〜5章)では、ブロックチェーン技術を取り巻く世の中の動向を取り上げます。
・理論編(6〜10章)では、ブロックチェーンを構成する諸技術について解説します。
・実践編(11〜17章)では、代表的なプラットフォーム(ブロックチェーン基盤製品)をいくつか取り上げ、開発に必要な基本的な事柄について、サンプルを交えて説明します。

この「増補改訂版」では紙幅を140ページ増やし、次のような情報の更新と追加を行いました。
・応用事例や業界動向を最新化しました。
・Bitcoin Core、Ethereum、Hyperledger Fabricに関する情報を最新化し、新たにLightning Network、Quorum、Cordaを追加。ユースケースに即して、各製品の属性をより理解しやすく、選択しやすくなるように解説しました。
・商用プラットフォームを構築する際に考慮すべき事柄を追加しました。

■著者プロフィール

赤羽喜治(あかはねよしはる)

株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 ブロックチェーンチーム・部長

愛敬真生(あいけいまなぶ)

株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 ブロックチェーンチーム・課長代理


■本書の主な内容
■基礎編
第1章 プロローグ
第2章 ブロックチェーンに至る流れ
第3章 ブロックチェーン技術とは?
第4章 ブロックチェーン技術の応用
第5章 ブロックチェーンの業界動向
■理論編
第6章 ブロックチェーンの仕組み
第7章 P2Pネットワーク
第8章 コンセンサスアルゴリズム
第9章 電子署名とハッシュ
第10章 利用にあたっての課題
■実践編
第11章 Bitcoin Core
第12章 Lightning Network
第13章 Ethereum
第14章 Quorum
第15章 Hyperledger Fabric
第16章 Corda
第17章 エピローグ
付録 仮想マシンの構築、各種ツール類の解説、ほか