「第14回ネットワーク工事機材展/データセンターファシリティフォーラム2010」
に多数のご来場をいただき、誠にありがとうございました。

10月14日(木) 1,791名
10月15日(金) 2,015名

合 計 3,806名


【併催展】ビジネスコミュニケーション東京2010
10月14日(木) 1,097名 10月15日(金) 1,168名 合計 2,265名
併催展合計 6,071名

お知らせ

・2010/9/13

セミナー事前登録」を開始しました。セミナー事前登録フォームより来場&セミナーの同時登録が可能です。来場事前登録が既にお済の方はID/PWをご用意ください。

・2010/8/25

来場者事前登録」を開始しました。こちらよりご登録いただくと、同時開催の展示会「第14回 ネットワーク工事機材展」「ビジネスコミュニケーション東京2010」にもご入場いただけます。

開催趣旨

■クラウドコンピューティングを支えるデータセンター

サーバーやネットワークを有効に活用する仮想化技術の進化とブロードバンドインフラの普及は、データセンターの役割を飛躍的に高め、クラウドコンピューティング時代を創出しています。一般にデータセンターの運営はサーバー管理やアプリケーションに目が向きがちで、情報配線、計測器、ラック、電源機器などのファシリティは、機能していることがあたりまえのように考えられています。しかしサーバーやネットワークの仮想化技術の進歩、そしてエコ対応の要求は、データセンターを支えているファシリティの諸要素にも、技術革新が求められています。

■ファシリティ製品にも技術革新が求められる

これからのデータセンターは機器の集積化・集約化により単位面積あたりの発熱量は増加します。それを排熱・冷却する技術手法にも注目が集まります。また、集約化が進むことで1箇所のデータセンターのクラッシュのリスクが大きくなり、信頼性を高める技術がより一層要求されることになります。そこで、このイベントではどのようなデータセンターのファシリティが選択されるべきか、セミナーや展示でその方向性を示し、理解を深めることを目的とします。

開催概要

名 称 データセンターファシリティフォーラム2010
日 時 2010年10月14日(木)〜15日(金) 10:00〜17:30(最終日は17:00まで)
会 場 池袋サンシャインシティ文化会館 2階 展示ホールD
〒170-3630 東京都豊島区池袋3-1
TEL::03-3989-3331/FAX:03-3987-3173
主 催 株式会社リックテレコム 月刊テレコミュニケーション編集部
後 援 特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム、特定非営利活動法人日本データセンター協会
メディア協賛 株式会社工業通信