セミナープログラム

18日(木):開催セミナー 19日(金):開催セミナー

S-1 9:30

10:20
特別セミナーNTT東日本のネットワーク事業戦略 ~光サービスの「過去」「現在」そして「未来」~

他通信事業者との競争激化や移動体通信の拡大など、情報通信市場は従来に増して厳しい環境となっています。そのような環境の中で、NTT東日本のネットワーク事業において、これまで進めてきた光サービスの維持・拡大や効率的な設備構築によるコスト削減の取り組み、そして、今後更なる事業拡大に向けたビジネス市場への対応強化等についてご紹介いたします。

東日本電信電話株式会社
ネットワーク事業推進本部 設備企画部 設備計画部門長
池田 敬(イケダ ケイ)氏

平成 4年 4月  日本電信電話株式会社 入社
平成17年11月  東日本電信電話株式会社 ネットワーク事業推進本部 研究開発センタ 担当部長
平成20年10月  同 ネットワーク事業推進本部 サービス運営部 アクセスマネジメント部門長
平成24年 7月  同 神奈川支店 設備部長
平成26年 7月  同 ネットワーク事業推進本部 設備企画部 設備計画部門長

S-2 10:30

11:20
特別セミナーセルラー・Wi-Fi・LANの現状とこれから

生活の中に根を張るスマホ、何でもWi-Fiでネットに繋がる時代、BYODもそこまで来ています。
割安スマホ、VoLTE、ホット・スポット、Wi-Fiルータ、Small Cell、DAS、E-glass、MIMO・・・
あなたはいくつ説明できますか?
これを聞けば「何だ、そうだったのか!」となること間違いなし。企業のLAN配線についても自信を持って取り組めるようになります。

Bicsi日本支部
幹事委員
友永 清文(トモナガ キヨフミ)氏

システムエンジニアとして15年以上、汎用機やPC-LANのサポートを行った後、1996年日本AMPに入社し、LAN配線部門のマーケティング業務を担当。2009年に退社し、現在はコンサルタント業。BicsiのRCDDとESS資格を保持する。

E-1 14:00

14:45
出展社セミナーCat8対応LANケーブル認証テスタ ワイヤーエキスパートWX-4500のご紹介

○Psiber Data社のご紹介
・ワイヤーエキスパートWX-4500が選ばれる理由
・ワイヤーエキスパートWX-4500、その機能と事例(エイリアンクロストーク、MPO等)
・ワイヤーエキスパートWX-4500本体、仕様
・ご提供できるサービス(保証・校正・修理他)

原田産業株式会社
情報通信チーム プロダクトマネージャー
乾 充一(イヌイ ミツカズ)氏

E-2 15:00

15:45
出展社セミナーWi-Fi 運用や間欠的障害へ効率的に対応するには

802.11ac の標準化やBYOD化などによりWi-Fi利用環境が広まっています。実際の運用に入るとさまざまなトラブルに遭遇するという話を耳にします。事前調査やセキュリティ関連で定期的な調査を実施できないかなどご要望が増えています。
また、クラウドサービスやサーバベースのアプリケーションを利用した際に、大がかりなモニタリングシステムを導入せずに時々発生する問題に対処できないかという相談があります。 これらの状況に対応する手法をご紹介します。

フルーク・ネットワークス
シニアセールスエンジニア
杵鞭 俊之(キネムチ トシユキ)氏

S-3 09:30

10:20
特別セミナーネットワーク工事の品質保証と資格制度

ネットワーク工事の品質についてかつてないほどの関心が寄せられています。ここでは、ネットワーク工事の施工不良事例等を紹介し、それらがなぜ生じるのか、なぜ無くならないのかその原因を考察します。 そのうえで、これまで進めてきた人材育成や資格制度の取り組みについて紹介し、今後の資格制度のあり方について考えていきます。

NPO法人 高度情報通信推進協議会
理事
菊池 拓男(キクチ タクオ)氏

博士(工学)、RCDD(BICSI)、1級情報配線施工技能士、技能五輪国際大会チーフエキスパート、情報ネットワーク施工プロフェッショナル(INIP)認定、情報配線施工技能検定の両資格の創設時から関わっている。

S-4 10:30

11:20
特別セミナー広がる無線LANのビジネス・工事・位置サービス

無線LANを活用したビジネスは、工事を起点に敷設された無線LANを介し、どこでもオフィス系のofficeアプリやLyncなどのコラボソフトで簡単に実現され、さらに位置情報とSNSを付加したサービスで、快適な支援を提供するところまで発展してきています。
このように大きな広がりを見せる無線LAN工事ビジネスに注目し、●トレンドのギガビットWi-Fiでの工事術、●無線LANを介した簡単コラボの提案と工事、 ●位置情報を活用したサービスと工事、などについて解説いたします。

山形大学 客員教授
NECソリューションプラットフォーム統括本部 兼 企業ネットワーク事業部 シニアエキスパート
小林 佳和(コバヤシ ヨシカズ)氏

NECにてボタン電話、ISDNルータ、CTI統合配線、IP電話システム、業界初のMS-Office連携テレフォニーシステム、QoS対応Wi-Fiアクセスポイントなどを開発。Wi-FiアライアンスがWECAという設立時の名前の時代からアライアンスに参加。第24回市村賞、平成13年発明表彰の地方発明賞千葉県支部長賞を受賞。マイクロソフトMVPアワード“Microsoft MVP for Microsoft Office Communications Server (2007)”と“Communications & Collaboration - Communications Servers、Lync(2008〜2015)”を通算8年連続受賞中。 2014年 Wi-Fiアライアンスより、ミッションスペシャリストアワード受賞。 「パソコンLANとインターネット技術」「LAN工事実戦テクニック」「高速 LAN構築実戦テクニック」「電 話屋が書いたIPの本」「これでできる無線LAN電話工事」など著書多数。

E-3 14:00

14:45
出展社セミナーマルチモード光ファイバー配線におけるOTDRの活用

シングルモードの世界のみで使われるイメージが強いOTDRですが、マルチモードファイバーを主に用いるLANの世界でも、障害発生時のダウンタイムを短縮するためのツールとして徐々にその利用が広がっています。OTDRの操作は以前と比べると大幅にやさしくなっていますが、有効に利用するためには知っておくべきことが色々とあります。本セミナーでは基礎からトレース波形の見方まで、すでにOTDRを使っている方にも、これから使ってみたいという方にも役立つ情報をお伝えします。

フルーク・ネットワークス
シニアセールスエンジニア
高橋 英治(タカハシ エイジ)氏

E-4 15:00

15:45
出展社セミナー10GBASE-Tケーブリングシステムの最適な選定について

私たちの身の回りには様々なノイズが存在しており、10GBase-T伝送への影響について、検証結果をもとに最適なケーブリングシステムの選定について解説いたします。

日本製線株式会社
開発部 Manager
浅香 芳晴(アサカ ヨシハル)氏