主催:株式会社リックテレコム

第21回 ワイヤレス技術セミナー

グローバルM2M戦略セミナー<2012年秋> 〜世界の先駆者たちの次の一手 ―― M2Mビジネスの最前線と標準化を追う〜

 

※テキストのPDFダウンロードサービスは、2012年12月14日 16:00に終了致しました。

●Kore社、Jasper社など米国M2M事情とテレノール、シンテリオンの取り組みが明らかに
●「oneM2M」技術委員長がM2Mサービスの国際標準化動向と規格化のポイントを解説
<企画の背景>
 今年2月に開催し好評をいただきました「グローバルM2M戦略セミナー」の第2弾として「2012年秋」版を開催します。前開催から半年余りが経過し、企業が新たな市場や製造拠点を海外に求める傾向がますます強くなってきました。その活動をバックヤードで支援するITネットワークを使ったグローバルなM2Mソリューションへの期待は高まる一方であり、日本のみならず世界中の通信事業者やITベンダが市場参入を狙っています。
 特に海外では、M2Mに特化してサービスを行う通信事業者やソリューションベンダが台頭し、その戦略やビジネスモデルが注目されはじめました。また、各地域や業界毎に提供されているM2Mの仕組みをできるだけ共通化しようとする国際標準化への動きも見逃せません。
<本セミナーの狙い>
 そこで本セミナーでは、グローバルM2Mビジネスを展開する海外の通信事業者やソリューションベンダの動向と、本格化するM2Mサービス国際標準化への取り組みに焦点を当てます。

第1講演:米国と日本の通信/ITに精通するコンサルタントとして調査や戦略立案、提携斡旋などを手掛ける海部氏が、米国のM2M市場を概観した後、 M2M専業ベンダとして全米でシェアを伸ばし注目を集めるKore社とJasper社のビジネスモデルに迫ります。
第2講演:欧州の標準化組織ETSIの呼びかけにより欧米やアジアの標準化機関が参加して設立されたグローバルM2M標準化のための統一団体が「oneM2M」。その技術委員長を務めるKDDIの山崎氏が、同団体の役割と最新の活動状況、さらにM2M分野における国際標準化の重要性と規格化のポイントについて解説します。
第3講演:グローバルM2Mに不可欠な通信モジュールおよびそれを組み込んだ通信機器の開発に関して、シンテリオン社が海外の法規制や通信環境に適合した安全で低コストの機器開発についてアドバイスを行います。
第4講演:M2Mに特化した通信事業者のテレノール コネクション社(スウェーデン)の経営幹部が来日し、ビジネス戦略や日本市場への取り組みについて語ります。さらに、グローバルM2M展開での課題を抽出し、事例を交えながら解決策を提示していきます。

日時:2012年11月30日(金) 13:30〜16:40(受付開始は13:10から)

会場:中央大学駿河台記念館 2F

定員:120名

参加費:29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合には、支払日連絡票に振込予定日をご記入のうえFaxにてお送りください(お支払いは3ヵ月以内でお願いします)。御入金後の返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。

※事前に参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の13:00から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

 
 

対象受講者

  • M2M関連ソリューションを手掛けるシステムインテグレータ
  • M2Mに関連する機器やソフトウエアを開発しているベンダ
  • M2Mソリューションを提供している通信事業者
  • M2Mに関心のある一般企業のご担当者
  • 海外進出を検討中の一般企業のご担当者
  • グローバルなITシステムやネットワークに関心のある方
  • グローバルM2Mの現状を詳しく知りたい方
  • M2Mビジネスへの参入を計画されている方
 
 

講演スケジュール

【第1講演】 13:30〜14:20

ビッグデータとの連携で加速する米国のM2Mとキープレイヤーの動向

講師: 海部 美知 米 エノテック・コンサルティング社 最高経営責任者

講演概要はこちら

【第2講演】 14:25〜15:05

M2M市場拡大の鍵となる国際標準化と「oneM2M」の狙い

講師: 山崎 徳和 KDDI株式会社 技術開発本部 標準化推進室 担当部長
(TTC oneM2M専門委員会委員長)

講演概要はこちら
 

<休憩 10分>

【第3講演】 15:15〜15:55

グローバル市場で成功するM2M通信モジュール組込み開発の勘所と今後のトレンド

講師: 山田 茂晴 シンテリオン ワイヤレスモジュール日本オフィス 
カントリーマネージャー兼APACオートモーティブマネージャー

講演概要はこちら

【第4講演】 16:00〜16:40

M2Mソリューションのグローバル展開における課題と、実践に基づいた解

講師: Thomas Strandin 瑞典 テレノール コネクション社 VP of Sales APAC

※本セッションは逐次通訳での講演となります。


講演概要はこちら
 
 
お申込み受付は終了しました
 
 

開催概要

日時:2012年11月30日(金) 13:30〜16:40(受付13:10〜13:30)

中央大学駿河台記念館

会場:中央大学駿河台記念館 2階
■住所:東京都千代田区神田駿河台3-11-5 TEL:03-3292-3111(記念館事務室)
■アクセス

  • JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩3分
  • 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車、徒歩6分
  • 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩3分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口)、徒歩5分

  詳しい地図はこちら

定員:120名

参加費:
29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合には、支払日連絡票に振込予定日をご記入のうえFaxにてお送りください(お支払いは3ヵ月以内でお願いします)。御入金後の返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。

※事前に参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の13:00から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

お問合せ先:
運営事務局:株式会社リックテレコム 第二コンベンション企画部 イベント事務局
電話:03-3834-8134
E-mail:ws-event@ric.co.jp

 
 
 
Copyright 2003-2012 RIC TELECOM. All Rights Reserved.