[第54回]ワイヤレス技術セミナー

テキストのPDFダウンロードサービスはこちらから

午前の部【3GPP 5Gセッション】(Zipファイル 約3.9MB)

午後の部【LAN/PANセッション】(Zipファイル 約8.3MB)

※本サービスは受講者限定です。ダウンロードに際しては、テキストに記載されたパスワードをご用意ください。(ダウンロード期限:2017年10月19日 16:00まで)

企画主旨

 一人一台が当たり前となったスマートフォンはもとより、IoTの爆発的普及が予見されるなか、ワイヤレスネットワークに技術革新の大波が押し寄せています。今後も利用数の増大とユースケースの多様化が急速に進むことが確実視されており、通信キャリアや無線ソリューションベンダは早期に「高速・大容量」、「多様な端末の大量・同時接続」、「低遅延」、「高信頼」などの要件を満たす新たな無線技術を市場投入していかなければなりません。

 その鍵を握っているのが、ワイヤレスネットワークの世界統一規格を策定している3GPP(*1)やIEEE(*2)、ETSI(*3)といったグローバルな標準化団体の規格化動向です。とりわけ2018年は、今後の無線ソリューションの根幹をなす第5世代移動通信システム「3GPP 5G」や高速・高効率無線LAN規格「IEEE 802.11ax」が実用化に向けて動き出す節目の年になるとみられ、目が離せません。また、圧倒的な高速・大容量通信が可能になる周波数帯として見直しが進む60GHz帯を使用するミリ波無線についても、「IEEE802.11ay」や「IEEE802.15.3e」の仕様が明らかになってきました。来年度以降のアクションプランを練るうえでも、今このタイミングで主要な無線規格の標準化動向を広く収集しておくことをお奨めします。

 本フォーラムでは、3GPP、IEEE、ETSIで議論されている無線規格のなかから、2018年に向けて特に注目しておきたい以下の5つをピックアップし、最新動向を詳しく解説していきます。それぞれの標準化機関で実際に規格化作業に携わっている技術者が講師を務め、標準化の狙いと進捗状況、コアとなっている技術や課題を余すところなくお伝えします。

 この機会に、次世代ワイヤレスネットワークの標準化動向への理解を深め、2018年以降の製品/サービスやソリューション開発にお役立てください。

*1 3GPP:Third Generation Partnership Project
*2 IEEE:The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. 日本語での通称は「米国電気電子学会」
*3 ETSI:European Telecommunications Standards Institute 日本語名は「欧州電気通信標準化機構」

●本フォーラムで標準化動向を解説する無線規格と講師は以下の通りです

無線規格名 概要 講師
3GPP 5G 現行の4G/LTEの後継となる第5世代移動通信システム NTTドコモ
永田 聡 氏、ウメシュ・アニール 氏
IEEE 802.11ax 5GHz帯を使用する802.11acの後継となる次世代高速・高効率無線LAN 東芝
足立 朋子 氏
IEEE 802.11ay 60GHz帯のミリ波を使用する802.11ad/WiGigの後継となる高速・大容量無線LAN パナソニック
本塚 裕幸 氏、高橋 和晃 氏
IEEE 802.15.3e 60GHz帯を使用する新たな近接無線規格。次世代TransferJet「TransferJet X」で実用化 ソニーセミコンダクタソリューションズ
近藤 啓太郎 氏
ETSI SmartBAN ETSIがウェアラブル向けに機能拡張した近距離無線規格 広島市立大学
田中 宏和 氏

受講をお勧めする方

  • 次世代のワイヤレスネットワークに関する情報を収集されている方
  • 次世代のワイヤレスネットワークの規格化動向を把握されたい方
  • ワイヤレス通信関連のサービスや機器を手掛けているベンダの方
  • ワイヤレス通信関連サービス企画や製品企画のご担当者
  • ワイヤレス通信関連機器およびサービスのエンジニア
  • 一般企業のネットワーク管理者、情報システム担当者

講演スケジュール

【3GPP 5Gセッション】 10:00〜12:00(午前の部)

第1講演

10:00〜10:45

3GPPにおける5G標準化の取り組み状況とユースケース

講師:

株式会社NTTドコモ 5G推進室 主任研究員、3GPP TSG-RAN副議長
永田 聡

 

講演概要はこちら

第2講演

10:50〜11:35

5G無線アクセスネットワークに関する3GPP標準化動向

講師:

株式会社NTTドコモ 無線アクセス開発部 担当課長
ウメシュ・アニール

 

講演概要はこちら ※日本語での講演になります

<11:35~12:00 個別質疑・名刺交換>

<12:00~13:00 昼食>

【LAN/PANセッション】 13:00〜17:00(午後の部)

第3講演

13:00〜13:45

IoT時代の超高速&高効率無線LANをめざす802.11ax最新ドラフト案の詳細と主要技術

講師:

株式会社東芝 研究開発センター ワイヤレスシステムラボラトリー 主任研究員
足立 朋子

 

講演概要はこちら

第4講演

13:50〜14:35

5Gを支えるミリ波無線LAN「802.11ay」のコア技術解説と実用化動向

講師:

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社
技術本部 プラットフォーム開発センター 無線技術開発部
本塚 裕幸 氏(主任技師)・高橋 和晃 氏(部長)

 

講演概要はこちら

【お知らせ】 14:35~14:40

「IEEE-WCET検定試験」実施について モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)

<休憩 15分>

第5講演

14:55〜15:40

10GbpsのP2P無線を実現する「802.15.3e」の概要と次世代 TransferJet X 実用化への取り組み

講師:

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
新規事業部門 近接通信応用事業準備室/
高速近接無線技術研究組合(HRCP)/TransferJet Consortium
近藤 啓太郎

 

講演概要はこちら

第6講演

15:45〜16:30

ETSIがめざす「SmartBAN」とIoT関連の最新標準化動向

講師:

広島市立大学 大学院情報科学研究科 教授,ETSI TC SmartBAN副議長
田中 宏和

 

講演概要はこちら

<16:30~17:00 個別質疑・名刺交換>

お申込み受付は終了しました

開催概要

御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター

日時:2017年10月5日(木) 10:00〜17:00

定員:100名

会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F ホールEAST

■住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
 TEL:03-6206-4855

■アクセス

  • JR 中央線・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B2出口【直結】
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 出口1から徒歩4分
  • 都営地下鉄 新宿線「小川町」駅 B3出口から徒歩6分

詳しい地図はこちら

<お申し込み・受講方法>
・10:00〜17:00の終日受講のほか、午前のみ(10:00〜12:00)と午後のみ(13:00〜17:00)が選択できます。
・終日受講には昼食が付いています。また、座席を確保したまま途中外出/再入場することも可能です。
・テキストは午前の講演分と午後の講演分を分離して作成します。
・受付開始時刻は9:30。午後の部のみ受講の場合の受付開始時刻は12:30(それ以前のご入場は不可)。

<参加費>
(1)全セッション受講:40,000円 (昼食付き
(2)午前の部(3GPP 5Gセッション)のみ受講:20,000円
(3)午後の部(LAN/PANセッション)のみ受講:29,000円

※いすれの金額にも、消費税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスが含まれます。

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。

※会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合にはそれまでお待ちいたしますので、メール(ws-event@ric.co.jp)または受講票とともにお送りする支払日連絡票にてお振込予定日をお知らせください(お支払いは3ヵ月以内でお願いします)。

※御入金後のキャンセルならびにご返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。当日欠席された場合には、テキストのみ郵送いたします(PDFもダウンロード可能)。

※参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

※領収書をご希望の方はメール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお申し付けください。ご入金が確認され次第、郵送にてお送りいたします。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の9:30から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

お問合せ先

運営事務局:株式会社リックテレコム 第二コンベンション企画部 イベント事務局

電話:03-3834-8134

E-mail:ws-event@ric.co.jp

PAGE TOP