[第55回]ワイヤレス技術セミナー

新世代無線LANフォーラム 高効率化へ舵を切る『11ax』 −規格、セキュリティ、低消費電力化の詳細−

テキストのPDFダウンロードサービスはこちらから(Zipファイル 約21.4MB)

※本サービスは受講者限定です。ダウンロードに際しては、テキストに記載されたパスワードをご用意ください。(ダウンロード期限:2018年5月1日 16:00まで)

企画主旨

 オフィスや家庭はもちろん、店舗や人が密集するエリアをカバーする社会インフラとしても急速に普及してきた無線LAN(Wi-Fi)。現行最速の802.11ac wave2では最大6Gbpsの高速・大容量通信を可能にするなど、近距離無線の進化を牽引してきました。

 しかし、ここへきて「多数のスマホなどからの同時アクセス時に応答性が低下する」、「第2の “KRACK”が出てこないか不安」、「IoTで使うには消費電力が大きすぎる」といった不満を口にするユーザーが急増してきました。通信速度の向上という目的がほぼ達成された今、無線LANにはスマホ利用者増加への対応とIoTという新たな利用シーンへの適合が強く要求されはじめています。

 このニーズに応えるべく、進化のターゲットを“高速化”から“高効率化”へと大きく転換した成果として2018年に登場する新世代無線LANが「802.11ax」(以下、11ax)です。

 スピーディに進められた11axの規格化作業は、2018年半ばのドラフト承認に向けて大詰めを迎えており、その全貌が明らかになってきました。低消費電力化を図りつつ、11acの4倍以上の同時アクセスに対応することが可能になるほか、IoTに配慮した新技術も数多く盛り込まれています。

 本フォーラムでは、11axの実用化を契機に動き出す新世代無線LANの実像を「規格(11ax)」、「セキュリティ」、「低消費電力化」という3つの角度から詳しく解説していきます。この機会に、11axの登場で新局面に突入する無線LANソリューションへの理解を深め、2020年の東京オリンピック/パラリンピックをターゲットとした2018年以降のシステムインテグレーションや製品/サービス開発にお役立てください。

<各セッションの聞きどころ>

●基調講演

 日本ヒューレット・パッカードでHPE Aruba事業に携わる黒川氏が、法人ユーザーの現場から寄せられる無線LANへの要望を総括し、現状と課題を浮き彫りにします。そして、大手LAN機器メーカーの立場から11axへの期待を語るとともに、市場や導入シーンを見通していきます。

●11ax無線LANの最終仕様と機能詳細を徹底解説

 11axでは、10Gbpsを実現する高速化技術もさることながら、大量のスマホやIoTセンサーからのアクセスを安定的にさばくためのさまざまな機能が実装され、11acで未対応とした2.4GHz帯も再び使用することになります。本講演では、IEEE802委員会のメンバーとして無線LANの標準化に関わっている東芝の足立氏が、“超高効率無線LAN”としてデビューする11axの仕様と機能を余すところなく解説します。

●無線LANセキュリティの勘所と「WPA3」の概要

 無線LAN関連ベンダを経て現在アマゾンジャパンで無線LAN搭載製品のフィールド試験を手掛ける的場氏が、WPA2の脆弱性「KRACK」の深層に迫り、14年ぶりにWPA2を改定することで誕生する「WPA3」の概要を解説します。また、今後重要性が高まると見るセキュリティ・ポリシーによる対策についても、事例を示しながらアドバイスを行います。

●11axの低消費電力化技術と「802.11ba」の動向

 11axの解説に引き続き東芝・足立氏が、11axに搭載された低消費電力化のための新技術を詳しく解説します。また、さらにその先に控える画期的な低消費電力化技術として、IEEEが「802.11ba」で標準化を開始している “Wake-Up Radio”の概要もお伝えします。

※1 KRACK:Key Reinstallation AttaCK(鍵再インストール攻撃) 2017年に公表されたWPA2の脆弱性。
※2 IEEE:The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. 日本語での通称は「米国電気電子学会」

<参考書籍のご案内>

Wi-Fiのすべて-無線LAN白書2018

Wi-Fiのすべて
-無線LAN白書2018

  • 小林忠男 監修
    無線LANビジネス推進連絡会 編
  • B5判 304ページ
  • 定価:2,400円+税
  • ISBN:978-4-86594-091-6
  • 2017年12月中旬刊行

本フォーラムの参考書籍として、無線LANの歴史や最新動向と無線LAN技術の基本を理解するのに役立つ最新刊「Wi-Fiのすべて-無線LAN白書2018」を、特別定価(税込2,592円→2,000円)にて販売いたします。

  • 本書を加えた受講料は税込29,800円となります。
  • 本書籍はフォーラム受講時に手渡しとなります。
  • お申し込み方法:本サイトのセミナー参加申し込みボタンを押し、表示されたページの冒頭で「書籍の購入あり」のほうにチェックを入れてから、それ以下の必要事項を入力してください。本書籍が不要の場合は「セミナーのみ」のほうにチェックを入れてから進んでください。
  • ご請求書について:書籍代金は受講料に含み、「受講料」として29,800円を一括でご請求させていただきます。
日 時
2018417日(火) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)
会 場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1F ルームC
定 員
80名
参加費
セミナー+書籍…29,800円
セミナーのみ……27,800円
(いずれも税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)
主 催
株式会社リックテレコム

受講をお勧めする方

講演スケジュール

  • 基調講演
  • 13:30〜14:10
企業インフラとしての無線LAN最前線と11axへの期待
講師:
日本ヒューレット・パッカード株式会社 HPE Aruba事業統括本部 コンサルティングエンジニア
黒川 孝治
  • 11ax規格解説セッション
  • 14:15〜15:05
高効率化技術でスループットの大幅改善を狙う
次期主力無線LAN「11ax」の特長と注目技術
講師:
株式会社東芝 研究開発センター ワイヤレスシステムラボラトリー 主任研究員
足立 朋子

<休憩 15分>

  • セキュリティ解説セッション
  • 15:20〜16:00
KRACKが突いたWPA2の脆弱性とWPA3の概要
重要性増すセキュリティ・ポリシーによる対策
講師:
アマゾンジャパン合同会社 フィールド技術部 部長
的場 晃久
  • 低消費電力化技術解説セッション
  • 16:05〜16:35
IoT応用を想定した11axの低消費電力化技術と
「802.11ba」で検討中の“Wake-Up Radio”の概要
講師:
株式会社東芝 研究開発センター ワイヤレスシステムラボラトリー 主任研究員
足立 朋子

<16:35〜17:00 個別質疑・名刺交換>

お申込み受付は終了しました

開催概要

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

日時:2018年4月17日(火) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)

会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1F ルームC
■住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
 TEL:03-6206-4855
■アクセス

  • JR 中央線・総武線 「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2出口【直結】
  • 東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水」駅 出口1から徒歩4分
  • 都営地下鉄 新宿線 「小川町」駅 B3出口から徒歩6分

詳しい地図はこちら

定員:80名

参加費:
セミナー+書籍…29,800円
セミナーのみ……27,800円
(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。

年度末の関係や会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合、メール(ws-event@ric.co.jp)または受講票とともにお送りする「支払日連絡票」にて、お振込予定日をお知らせください。それまでは督促を行わずお待ちしております。お支払いは3ヵ月以内でお願いします。

※御入金後のキャンセルならびにご返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。当日欠席された場合には、テキストのみ郵送いたします(PDFもダウンロード可能)。

参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

領収書をご希望の方はメール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお申し付けください。ご入金が確認され次第、郵送にてお送りいたします。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の13:00から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

お問合せ先
運営事務局:株式会社リックテレコム 第二コンベンション企画部 イベント事務局
電話:03-3834-8134
E-mail:ws-event@ric.co.jp