[第56回]ワイヤレス技術セミナー

進化する「メッシュ無線」 IoTセンシングの限界を打ち破る! 802.15.10(L2R)の概要と低消費電力化技術、Bluetoothメッシュ化の最前線

企画主旨

 IoTが普及段階に突入し、日本中の至る所で無線センサーネットワークの敷設と運用が始まっています。高所や狭所、センシングの対象エリアが流動的な工事現場やイベント会場など、保守が難しくネットワーク化が遅れていた領域が次々とIoTのターゲットになってきました。

 こうした領域でのIoT化を支える技術が、著しく進化したメッシュ型の近距離無線ネットワークです。具体的には、(1)低消費電力化技術の進展、(2)Bluetooth Low Energy(BLE)による「メッシュ無線」の実用化が挙げられます。

 まず(1)で注目しておきたいのが、IEEE(※)がWi-SUN(802.15.4g/e)などの延長線上で規格化した低消費電力メッシュ無線のための規格「802.15.10」(データリンク層ルーティング技術:L2R)と、サブGHz無線を対象に開発されたタイマー機能による省電力化技術です。前者は京都大学が、後者は東芝が、実用化への取り組みを進めた結果、大きな成果が得られています。

 他方、(2)では従来のBLEビーコン用ネットワークをメッシュ化する技術と、Bluetoothファミリーの1つである「Bluetooth mesh」を使用する技術が実用段階に入りました。前者はWHERE社が先頭に立って実証検証を進めてきましたが、このほど導入に向けたプロジェクトが走り出しました。後者については、登場から1年が経過し、アプリ開発の下地が整ってきたことが報告されています。

 そこで本セミナーでは、メッシュ無線の進化をけん引してきた京都大学、東芝、WHERE、シリコンラボが登壇し、これらの技術概要を詳しく解説するとともに、それぞれの特徴を活かしたセンサーネットワークの構築テクニックを伝授していきます。また、メッシュ無線の動作が確認できるデモもご覧いただきながら、疑問点や不安点にお答えしていきます。この機会にメッシュ無線への理解を深め、IoTへの導入検討にお役立てください。

※IEEE:Institute of Electrical and Electronics Engineers 米国電気電子学会

日 時
201888日(水) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)
会 場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1F ルームC
定 員
80名
参加費
29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)
主 催
株式会社リックテレコム

受講をお勧めする方

講演スケジュール

  • 基調講演
  • 13:30〜14:10
Wi-SUN FANで実現する“メッシュ型LPWA”と
802.15.10によるメッシュ化技術「L2R」の概要
講師:
京都大学 大学院情報学研究科 教授
原田 博司
  • 第1講演
  • 14:15〜14:55
サブGHzメッシュのローパワー化技術最前線
〜絶妙のスリープ状態で長期電池駆動が可能に〜
講師:
株式会社 東芝 研究開発センター 主任研究員
佐方 連

<休憩 15分>

  • 第2講演
  • 15:10〜15:50
CSRmeshでBLEビーコンのメッシュ化に成功
新たなIoTセンシングの形を提案していく
講師:
株式会社WHERE 管理部長
青木 貴弘
  • 第3講演
  • 15:55〜16:35
Bluetooth meshの“実力”と活用ノウハウ
−仕様書を読んでも分からない実際の使い方−
講師:
シリコンラボ IoTスペシャリスト
水谷 章成

<16:35〜17:00 個別質疑・名刺交換>

お申込みはこちらから

開催概要

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

日時:2018年8月8日(水) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)

会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1F ルームC
■住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
 TEL:03-6206-4855
■アクセス

  • JR 中央線・総武線 「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2出口【直結】
  • 東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水」駅 出口1から徒歩4分
  • 都営地下鉄 新宿線 「小川町」駅 B3出口から徒歩6分

詳しい地図はこちら

定員:80名

参加費:
29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。

※会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合にはそれまでお待ちいたしますので、メール(ws-event@ric.co.jp)または受講票とともにお送りする支払日連絡票にてお振込予定日をお知らせください(お支払いは3ヵ月以内でお願いします)。

※御入金後のキャンセルならびにご返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。当日欠席された場合には、テキストのみ郵送いたします(PDFもダウンロード可能)。

参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

領収書をご希望の方はメール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお申し付けください。ご入金が確認され次第、郵送にてお送りいたします。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の13:00から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

お問合せ先
運営事務局:株式会社リックテレコム 第二コンベンション企画部 イベント事務局
電話:03-3834-8134
E-mail:ws-event@ric.co.jp