[第58回]ワイヤレス技術セミナー

−高度なセキュリティで脚光− プライベートLTEの最新動向とsXGP、LTE over WiFiの詳細

企画主旨

 第4世代携帯電話(4G)の中核技術である「LTE:Long Term Evolution」を企業ネットワークに応用する「プライベートLTE」が、自営網構築の世界的なトレンドになりつつあります。

 周知の通り、LTEは100Mbpsを超える高速・大容量通信を実現する第4世代携帯電話(4G)の中核技術であり、5Gのノンスタンドアロン(NSA)仕様にも採用されるなど、今なお広域無線技術の最先端に位置付けられています。このLTEを自営ネットワークに活かす最大のメリットは、SIMを活用した高度なセキュリティが確保できる点にあります。また、既存のLTE資産が活用できるため、対応端末が容易に調達できる点も大きな魅力であり、すでに海外では導入事例が出始めています。

 国内に目を転じると、プライベートLTEを実現する無線技術として(1)「sXGP」と(2)「LTE over WiFi」の2つが立ち上がりつつあります。いずれも今秋から来年にかけて対応機器やソフトの提供が開始されるほか、アンライセンスバンドを利用したプライベートLTE向けの通信サービスも登場する見通しとなっており、大きな期待が寄せられています。

 そこで本セミナーでは、まず先行する海外の事例を紐解きながらプライベートLTEの導入効果を探るとともに、プライベートLTEの先駆的技術として世界的に注目度の高い「MulteFire」の動向をお伝えします。さらには、国内でのプライベートLTE構築を牽引していく「sXGP」と「LTE over WiFi」の仕組みやユースケースを徹底解説していきます。

<各セッションの聞きどころ>

(1)プライベートLTEの海外事例と「MulteFire」の最新動向

 LTE対応の携帯電話事業者向け通信設備で豊富な実績をもつノキアソリューション&ネットワークスの霜越氏が、事例を交えながら海外で先行するプライベートLTEの実態を報告。また、早期からプライベートLTEという概念を提唱し、3.5/5GHz帯をターゲットにした無線技術として知られる「MulteFire」について最新動向を解説していきます。

(2)「sXGP」の仕組みと可能性、IoTでのユースケースを徹底解説

 「sXGP」は、構内PHSに割り当てられている1.9GHz帯(バンド39)を利用してプライベートLTEを実現することができる広域無線技術です。数10Mbpsの通信速度と数100m程度のカバレッジが得られることから、監視カメラやデジタルサイネージなどを収容する自営網への適用が期待されています。今回は、日本でsXGPによるプラベートLTEを推進するために設立されたBaicells Japanの日比氏がsXGPの仕組みを解説するとともに、小型のsXGPアクセスポイントを利用したIoTやエッジコンピューティングなど斬新なユースケースを提案します。

(3)無線LANを超セキュアな自営網に変える「LTE over WiFi」の詳細

 LTEがもっている携帯電話システムとしての機能のうち、QoS、端末認証、暗号化といったセキュリティ関連機能だけをネットワークプロトコルとして活用することができる“LTE over IP(LTE仮想化技術)”を有しているLTE-X社が、今秋より同技術を使ったプライベートLTEネットワークの構築事業を本格化させます。今回は同社の伊藤氏がLTE-Xのビジネスモデルを説明するとともに、同技術を無線LANに適用することでプライベートLTEネットワークを構築できる「LTE over WiFi」を例にとりながら、詳細な技術解説を行います。

日 時
20181128日(水) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)
会 場
ステーションコンファレンス万世橋
定 員
80名
参加費
29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)
主 催
株式会社リックテレコム

受講をお勧めする方

講演スケジュール

  • 第1講演
  • 13:30〜14:20
海外事例から探るプライベートLTEの導入効果と
アンライセンスバンドの可能性を広げる「MulteFire」
講師:
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
理事 エネルギー・運輸・公共事業部 シニア・ソリューション・アーキテクト
霜越 潔

<休憩 10分>

  • 第2講演
  • 14:30〜15:20
1.9GHz帯を使う「sXGP」の技術詳細と
プライベートLTE構築に向けた実践ノウハウ
講師:
Baicells Japan 株式会社 取締役 ビジネス開発本部長
日比 紀明

<休憩 10分>

  • 第3講演
  • 15:30〜16:20
Wi-Fiが超セキュアなプライベートLTEに変身!
「LTE over WiFi」の技術詳細と活用提案
講師:
株式会社LTE-X CTO
伊藤 可久

<16:20〜17:00 個別質疑・名刺交換>

お申込みはこちらから

開催概要

ステーションコンファレンス万世橋

日時:2018年11月28日(水) 13:30~17:00(受講受付は13:10より)

会場:ステーションコンファレンス万世橋
■住所:東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル4F
 TEL:03-6859-8200(代表)
■アクセス

  • JR秋葉原駅 電気街口徒歩4分
  • JR御茶ノ水駅 聖橋口徒歩6分
  • JR神田駅 北口徒歩6分
  • 銀座線神田駅 6番出口徒歩2分
  • 丸の内線淡路町駅 A3出口徒歩3分
  • 丸の内線御茶ノ水駅 1番出口徒歩8分
  • 日比谷線秋葉原駅 3番出口徒歩6分
  • 千代田線新御茶ノ水駅 A3出口徒歩3分
  • 都営新宿線小川町駅 A3出口徒歩3分
  • 都営新宿線岩本町駅 A2出口徒歩6分
  • つくばエクスプレス秋葉原駅 A1出口徒歩5分

詳しい地図はこちら

定員:80名

参加費:
29,000円(税・テキスト・テキストのPDFダウンロードサービスを含む)

※本サイトよりお申込みをいただきますと、受講票、御請求書、支払日連絡票を即日郵送にてお送りいたします。なるべく開催日までにお振込をお願いします。

※会社決済の都合上、お振込が開催日以降になられる場合にはそれまでお待ちいたしますので、メール(ws-event@ric.co.jp)または受講票とともにお送りする支払日連絡票にてお振込予定日をお知らせください(お支払いは3ヵ月以内でお願いします)。

※御入金後のキャンセルならびにご返金はいたしかねます。受講票をお持ちいただければ代理の方の受講が可能です。当日欠席された場合には、テキストのみ郵送いたします(PDFもダウンロード可能)。

参加費の見積書が必要な方は、メール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお知らせください。その際、見積書の送付方法として、(1)PDFのみ、(2)原本郵送のみ、(3)両方、の3つから選んでお書き添えください。

領収書をご希望の方はメール(ws-event@ric.co.jp)にてその旨をお申し付けください。ご入金が確認され次第、郵送にてお送りいたします。

※テキストは会場受付にて受講票と引き換えにお渡しします。テキストのPDFデータは、開催当日の13:00から本サイトにてダウンロードが可能になります。ダウンロードされる際には、テキストに記載されているパスワードが必要になります。

主催:株式会社リックテレコム

お問合せ先
運営事務局:株式会社リックテレコム 第二コンベンション企画部 イベント事務局
電話:03-3834-8134
E-mail:ws-event@ric.co.jp